劇団東京ミルクホールTOP

佐野工船
2008年05月30日(金) 
 昨日でコースケ・ハラスメントライブ2DAYS終了。
 初日は少しゆったりとした客席、二日目は満員御礼。両日とも温かい目で出演者を見守っていただき只々感謝。ありがとうございます。
 またきっとあるでしょう、このライブは。40歳とか50歳になってこれをやり続けてたら面白いだろうなぁ。お越し頂いたお客様はこれからも。お越しいただけなかったお客様は次回是非。

 で今日は劇団員六名でワハハ本舗全体公演観劇に新宿厚生年金会館へ。
 待ち合わせはロビー。ゴージャスな赤い絨毯敷きの階段が眩しい。
 そんな社交界の場で到着するなりコースケ兄ィがライブでのガチンコ本気企画 『IKINARI』 のダメージを吐露。

 「やっぱり心に何かやりきれないものが残ってるんだよね・・・辛い。」

 あらためてあの台本無しのプライドを賭けた死闘の壮絶さを感じる。冗談抜きで本当に憔悴してるんだ、兄ィが・・・。この『IKINARI』っていう競技はね、本番を観てない読者諸兄姉にどう伝えればいいのかなぁ、兎に角、兄ィ、哀原、浜本の3名が勝負、対決、死闘だ。そういうことだ。
 浜本くんも傷は癒えてないようで、

 「家帰って風呂で涙が出てきた」

 本当に恐ろしい・・・。小生は絶対に出場できない。したくない!

 二日間負け無しだった全勝王者・哀原友則はというと・・・
 今日来てないけどきっとノーダメージで腹一杯喰って寝てるんだろうな。プーチン!

 

2008年05月27日(火) 
 今日ドコモの新機種906i、706iシリーズが発表された。
 う〜ん!早く発売にならないかな。早く量販店に行って触ってみたい。待ち合わせで遅刻されたとき等に良い時間潰しになる。

 さて。

 明日はいよいよコースケ・ハラスメントライブ、復活!『ザッツ・エンターハラスメント』。副題省略。
 本日稽古場で段取り打ち合わせ。ある程度全貌が明らかになる。
 おもしろい!くだらない!馬鹿!
 驚いたことにチケットが両日とも余っているとのこと。もったいない・・・。
 大の大人がこれだけ一生懸命くだらないことやっているのに、観てもらえないのはもったいないし、なによりこれを観ないお客様がもったいないと思う。

 本公演とは違うエンターテイメントショー、まだ間に合う。おじいちゃん、おばあちゃん、マダムにマドモアゼル、学生さんやフリーターはもちろん、社会人の皆様にも優しい19:30開演!残業禁止!早退してでもいらっしゃい。劇団員一同、たくさんのお運びをお待ちしております。

 まぁ、騙されたと思って。




【写真】先日、第二回バドミントン大会。筋肉痛にならなかったYO!
grp0528015053.jpg 160×213 6K

2008年05月21日(水) 
 稽古場の帰り道、富士そばでかけそばを喰らい、家に着き雪印コーヒー牛乳を飲む。
 嗚呼、好きなものを好きな時に口にできる幸せ。

 7月公演のDMが読者諸兄姉にも届いた頃だと思う。

 今回の平凡パイン先生の絵もいいなぁ。毎回前回を上回る作品を仕上げてくるから面白い。画伯の絵の上に、タイトルやら文字やらパソコン作業で乗せていくのだがこれが制作スタッフWの仕事。実作業は画伯とWで、そこに小生が口を出していくわけだが、これがなかなか難しい。まずしつこい、ゴチャゴチャした、極彩色の絵を画伯にお願いする。更に制作Wにしつこい、ゴチャゴチャした、極彩色の字や配列を要求する。難しいというのは、

 「これ以上やるとメチャクチャになってよくわからなくなる」

と、Wが引き気味な意見を言い出した時で、たいていそういう時の小生は、

 「もっとメチャクチャな方がいいな☆」

と思っているからまさにジャストタイミング。小生が思い描くミルクホールのチラシのパラレルワールドはもっともっともっともっと華やかで鮮やかで乱雑で煩わしくて鬱陶しくて目が痛くなるものなのだ。
 そうしてタイミングを見計らって、引き気味のWに押せ押せの配色を少しずつ頼んでいく作業がTMHチラシ作業の大詰め、醍醐味である。
 こうして、演劇チラシ界ではもっとも製作時間がかかっている(小生推測)、素晴らしいTMH公演チラシが出来上がっていくのである。小生の頭の中にあるものを形にしていってくれるのだからありがたい。


 さて、DM御覧頂いた読者諸兄姉の気になるところ。それは、
 
 〜知らない人の名前がある〜

ではないか? お答えしよう。三〜四月に行われたTMH初ワークショップ参加者の中から、こりゃまた劇団史上初となる客演陣。

 小野寺崇クン、島田ユウイチロウクン、三井昭典クン、以上3名である!

 あいうえお順で書くとどうしても三井くん、通称ミッチー(自己申告)が最後になる。マ行の三井に生まれたことを恨んで欲しい。罪を憎んで人を憎まず。はい。
 ユウイチロウクンは写真写りがイイのでチラシを御覧になった方はご注意願いたい。
 小野寺クンは名前が崇。小生は崇匡。この“崇”という字は送り仮名の“り”をつけると“タタリ”と読む。覚えておいて欲しい。

 3名、追々稽古場日記にも顔を出すだろうから要チェック。7月なんてあっという間。頑張って有名になって、北村君みたいに叶わぬ夢にならないうちに、小生も山藤章二画伯に似顔絵を描いてもらうんだいっ!(5/19稽古場日記参照)


【写真】 これも甘くて美味い。

 
grp0522024630.jpg 240×320 13K

2008年05月15日(木) 
 朝刊見てまたズッコケちゃったから。
 今週の松岡。
grp0515084926.jpg 240×320 13K

2008年05月10日(土) 
 小生が嗜む程度に競馬をしているのは佐野工船読者諸兄姉であればご存知であろう。

 春のG1戦線は馬券購入の命綱であるIPAT(携帯電話で馬券が買える☆)の、暗記しているハズの自分の加入者番号が突如として小生の脳内からフッ飛び、以後まったく思い出せないというアクシデントにより馬券購入がストップしていた。
 どうにか書類を探し出し、天皇賞から始動。高配当続出の3連単が何かと注目される中、自分のスタンスを変えずに馬連勝負。ホクトスルタン&アドマイヤフジ一点。人気上位三頭の決着に意気消沈の再スタートを切った。

 さて、主役不在といわれる今年のクラシック戦線において皐月賞で一番人気を背負った馬、マイネルチャールズ。今日はその主戦騎手の話。
 その男、松岡正海23歳。若手の注目株である。
 個人的には3年前のダイヤモンドSで儲けさせてもらった。
 そんな彼、スポーツニッポン紙上で毎週木曜コラムを書いている。
 『松岡正海 ファンファーレ』 がそれである。

 端的に言う。 松岡君、馬鹿である。

 毎週大きな枠で執筆するにはあまりにも稚拙な、いくらスポーツ新聞といえど、これでいいのか?と目を疑う文章力。綴られているのは競馬とは関係ない、彼の趣味や日常。編集部もそんな松岡のハードルを下げようと“あくまでブログ”といった構成。ちなみに5月8日のタイトルは、

 ≪古着ショップの香りでモテモテ!?≫

 彼が普段お香でリラックスしている様が描かれる。

 「 お香なんて渋いですか?でも凄く落ち着きますよ。」
 「 『チャンダン』 というのを薦められたんですが、これが僕の大好きな香りだったんです。」
 「 ずばり 『古着ショップの香り』。 」
 「 ショップめぐりは最高の時間。」

 こんな調子でポップに小生に語りかけてくる。
 そして極めつけは毎回必ず登場する、 (笑い) と 顔文字 !!

 新聞紙面に突如現われる、この、何を言っても最後にこれをつければ許されるという悪しき風潮の

    (笑い) & 顔文字

 顔文字にいたっては親切にも拡大表記。


   (笑い)じゃねぇ〜んだよっ!!
  
    ( ^_- ) じゃね〜だろうがぅあ!!!!

   ふざけるんじゃねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 

 youtubeで松岡が、ズームイン朝マイスタ前でピースする小学生みたいにふざける映像も見られるが、松岡よ!お前、屈託のないイイ子過ぎるんだよ!日陰育ちの俺には眩し過ぎるんだよ!俺は十字架を背負ってる奴としか仲良くなれないんだよ!お前はな、お前はな・・・・・

   ヒーローなんだよ!!

 よし。わかった。いい度胸じゃねえか!お前を信じよう。
 明日のNHKマイルカップ【G1】。愛すべき馬鹿、松岡騎乗のエイムアットビップから、後藤に乗り替わったブラックシェル、福永に戻ったエーシンフォワードへ馬連で勝負。
grp0510163422.jpg 240×320 12K

2008年05月07日(水) 
 筋肉痛。
 日常の生活に支障をきたす。
 歩行困難。尻ポケットの携帯を取り出すことが至難の業。咳、くしゃみ、全身に激痛。
 右手人差し指の皮がベロンと剥ける。
 数年ぶりのバドミントン、オーバーワークだったのか・・・。

 でもまたやりたくなるバドミントン☆
 うっひょひょーい!

2008年05月06日(火) 
 小生、数年間、渇望してきた。
 ずっと、ずっと、やりたくて仕方がなかった。
 やりたい気持ちが強いのに、やる相手がいなくてムラムラ、イライラしてきた。
 特殊なプレイは望まない。ただ、純粋にやれればいいのだ!
 しかし兎に角、相手がいないのだ。
 
 でも今日、GW最後の日に、ようやく、本当にようやく、数年ぶりにできました☆
 学生時代以来である。

 サイコーーーーーっ!
 神様ありがとう!
 こんな僕の相手をしてくれる人がいたんですね!
 
 あ〜、本当に嬉しい。
 バドミントン大会。

 小生、中学校でバドミントン部に所属。ちゃんと毎日朝練にも出てました。
 
 オグシオ人気で注目され、「バドミントンは決して漫画化されないね」と中学時代自嘲していたものが実現し、日陰マイナースポーツ・バトミントンにようやく陽が当たり始めたとはいえ、
 「バドミントンをやりたい!」
と真剣に思う人口はそう多くない。というより周辺に見当たらない。現に今回、小生がいつも世話になっている子分の I がいろいろ段取りしてくれたわけだが、TMHからの参加希望者は皆無。誰一人としてバドミントンに興味を示した者はいなかった・・・。
 結局、 I と小生の共通の友人4人で開催されたバドミントン大会。
 嗚呼、ここまでの道のりは遠かった・・・だってバドミントンって、ちゃんと体育館借りて、ネットを張って、ガチンコで打ち合わなければ面白くない。
 同志、設備、段取り、用具、etc・・・・・バドミントン大会挙行には越えなければならないハードルが連なっているのだ!

 うん。最高に楽しかった♪

 ただ埼玉は遠い。

 スポーティーで知られる佐野工船読者諸兄姉よ、誰か東京でバドミントンサークルやってる人いませんか?埼玉のバドミントン仲間引き連れて参加しますよ。もしくは立ち上げ。
bado.jpg 155×225 24K

2008年05月01日(木) 
 ようは 『ジパング』 が荒唐無稽な展開になって欲しくないということ。
 まぁイージス艦がタイムスリップしちゃう時点で荒唐無稽か・・・。
 昔、かわぐち先生の 『沈黙の艦隊』 を胸躍らせて読んでたんだけど、最後潜水艦が空飛んじゃって小生幼くもズッコケちゃったの。だから心配。


 浜本くん客演の舞台、観て来ましたよぉ〜。
 マイムでヘッドホンで曲聴きながらノリノリで登場。
 この作品では、小道具は全編“持っているテイ” “あるテイ”でマイム表現されるのだが、そのルールをまだこっちが知らないうちに、ノリノリのマイマーで登場してきたもんだからアドリブかまして勝負してきたのかと思って嬉しくなっちゃった。その姿はまさに特攻!君死にたまふことなかれ!
 浜本くんが発した台詞でグッと来るのがあった。恥ずかしいから書かないけど。

 
 稽古場では気がついたらみんな真剣に読書してた。
grp0502065845.jpg 240×320 13K

過去ログ
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 

一覧 / 検索

Copyright 2004 TOKYO MILK HALL All Rights Reserved.