劇団東京ミルクホールTOP

佐野工船
2009年01月27日(火) 
精神的に追い詰められているのか、二日連続、自分の流す涙で目が覚めた。
夢で泣いちゃうと起きちゃう。

最初はラピュタ(天空の城のほう。阿佐ヶ谷ではなく。)の夢。シータとパズーのお互いを思いやる心に涙腺がゆるみ、パズーが身を挺してシータを守るシーン(佐野夢オリジナル)で我慢できず号泣。目覚め。

次の日は小諸の家でうちのおばあちゃんが皇帝(スターウォーズのほう。ジョン・ローンではなく。)の攻撃から小生を守ってやられてしまった時。皇帝のフォースで気が違ってしまったおばあちゃんを寝室に運びながら涙が止まらなかった。目覚め。

これだけ追い詰められている小生の落語会はいよいよ今週金土二日間。
金曜はチケットありますよ。お電話お待ちしてまーす☆

2009年01月25日(日) 
なんだろうなぁ。

迷わずやるしかないんだけど。

いろいろ考えちゃいます。もう逃げられないから落語をそろそろ稽古するわけだけど・・・・・。
兎にも角にも、いよいよ佐野落語会が近付いて参りました。いろんな苦悩があるが苦悩が晴れることなんてないと思うから、苦悩する佐野を見に来てください。
楽しいことの前にドキュメンタリーを観るのは日本の文化である!(?)
かつて日テレ深夜のプロレスの前には『NNNドキュメント』、フジの競馬の前には『ザ・ノンフィクション』、皆さんの楽しい週末の前に『佐野独演会』。
そういうカテゴライズなのである。

2009年01月19日(月) 
先日、朝、目が覚め、布団から立ち上がり伸びをした途端、目の前が真っ白になりそのまま真後ろに転倒。タンスに後頭部を強打した・・・・・


・・・気が付くと、自分の目の前にうずくまる小生がいた。
「あれ?なんで俺がいるんだ?俺はここなのに。」
なぜか体が動かない・・・・・

なんてこった!

頭を打ちつけた瞬間、小生とタンスが入れ替わり、小生は衣類で臓器が構成されるタンス人間として廃棄処分されるまでの残りの人生を生きることになったのだ!

と、頭を打ち付けた所為でこんな文章を書く人間になってしまったのだ!

恐るべし後頭部強打。これをきっかけに芸術的才能が開花する様子は今のところ無い。後頭部は危険部位。月末の落語会がつまらなかった時の言い訳が出来た。

打ったのは右の後頭部。でも左の頭部と左の顔面が少し膨らんでいるような感覚が残る。不思議発見。少し心配になってとうとう本日、脳神経外科へ。

レントゲンとCTスキャンで異常なし。お会計六千百三十円なり。大出費。
CTなんて珍体験だからやられてる間、目を開けてずっとメカの動きを見ていたら、終了後に注意書き発見。

「危険ですので覗きこまないでください。」

ずっと覗いちゃったよ。あ〜あ、やっちゃた。

2009年01月16日(金) 
佐野独演会まであと半月・・・。

今更ながら一人でやるってのは大変ですな。
気持ちばかり焦って内容が進行しない。
佐野を観に来てくれる。ということで嬉しくもあり、プレッシャーでもあり。

本公演や佐野工船では語られることのない佐野のバックボーン的な話や劇団裏話のようなものも雑談しようと思っている。

ありがたいことに、おかげさまで1月31日(土)は完売御礼。現在土曜日の注文はお断りしているので、チケットを買った人は当日キャンセルとかしないように!!大人の責任です。『責任』、嫌な言葉だね・・・。

1/30(金)は絶賛発売中!!

何卒、人助けだと思ってよろしくお願い致します。



【写真】話は遡るが、紅白を観終わって近所の神社に二年参りに行ったらね、
grp0116143944.jpg 240×320 12K

2009年01月11日(日) 
毎年恒例、日舞の師、橘左梗先生のお宅で一門が揃って稽古と新年会。
久しぶりに話す方や、少し見ないうちに大きくなった子どもたち。楽しい宴。

帰りは各方面、それぞれの電車に乗る。
小生一人。隣に酔っ払いのオッチャンが座り、駅で人が降りるたびに、

「気をつけて帰れよ!」

8時だよ全員集合さながらの掛け声。
小生はスポーツ新聞を広げ朝青龍の記事を読む。

さて、今日も携帯で馬券を嗜む程度に購入した。結果は帰宅してネットでレースを観戦してからのお楽しみ☆

「中山11レース、1−3でそこそこついたよ!」

「えっ???」

朝青龍の記事を読んでいるというのに小生の心を見透かしたかの如く、フェアリーSの結果を教えてくれたオッチャン。同じ穴のムジナの神通力。小生の未来の姿か。
兎にも角にも、1−3は買ってない。

京都もハズし、見事にオケラ。

最近の佐野工船は競馬の話題が多い・・・
明日は成人式。反省して新たなるステージへ!!



【写真】雪どけ。NHKとフジテレビのキャラクターが同じ画面に。
grp0111221938.jpg 320×240 59K

2009年01月08日(木) 
新春。稽古場の大掃除。ずいぶん物を捨てた。衣裳も小道具も手作りが多く、思い出も愛着も幾年月、捨てるに忍びないが、染み込んだ汗の臭い、汚れ、狭い稽古場の収納環境の悪さの前に、情け容赦ない始末が下される。


23時半。綺麗になった稽古場で大の大人が輪になってお菓子を食べていると、

「新しい一年が始まったなぁ。」

としみじみ感じるもの。
が!
壁には新年のカレンダー。大きな模造紙ほどのサイズに1月から12月までが収まる、一枚で一年を網羅しているカレンダーを目にすると、もう一年が終わってしまうような気がしてくる。この紙切れに一年があっという間、時間には限りがあるものと悟らされる。

やはり現実から目を逸らすには月めくり、週めくりのカレンダーがイイ!

というわけで、落語協会カレンダー(三ヶ月めくり)、JRAカレンダー(月めくり)、エビさんカレンダー(週めくり)も配置した。非常に佐野っぽいセンスで劇団員は閉口しているかもしれないが、

『時間の価値』

というものがいかに主観的なものか、それを知らしめるための4種類のカレンダーなのである。どのカレンダーを見ているかで、その人間の時間への考え方が見えてくるのである。深い!


自宅では瀬戸内寂聴先生の日めくりカレンダーである。深い!
grp0108145730.jpg 240×320 13K

2009年01月05日(月) 
今年最初の運だめし。いや、運ではない。いつも熟考々々で沈没する破滅の趣味・競馬。
東西で行われる金杯はG靴箸呂い┛貲の吉凶を占う特別なレース。
中山では散ったが、京都では的中。なかなか幸先のいいスタートが切れた。(馬券的には寒竹賞のメイショウパルマで大損こいたから結局マイナス。トホホのホ)


↓友人から来た年賀メール。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ウチに来た年賀状

1枚 さのたか
1枚 ミルク
1枚 馴染みの鍼灸整骨院

どうです?
20代最後の年。
前途洋々とは斯くのごとし

新年あけましておめでとうございます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

潔い名文である。


【写真】長野の新聞より。頼もしい地元の星。なんだかグッときたので。
grp0106012925.jpg 240×320 13K

2009年1月3日(土) 
引き続き箱根駅伝で失敬。

まるで違う学校が走っているようだった。

昨日のリードを早稲田に詰められ、もはやこれまで・・・。
よく頑張った。初の往路優勝。充分感動をもらった。仇敵・早稲田(小生の個人的な思想)に負けるのは悔しいが、もう充分だ。ありがとう。
と散りゆく母校の姿を見守れば、あらら、また早稲田を追い抜いた。凄いぞ!なんだか今年はいつも違う。

差が広がる8区。お!お!お!

が、9区はまたその差がグングン縮まる。ついに真後ろに早稲田。

「あ〜あ、漫画だと『これは作戦で前半ペース落として後半アップ』みたいな劇的な展開なんだろうな。でも現実は無理だし、東洋だし」

解説者「このペースは遅すぎですね」・・・はぁ〜残念。

と思いきや。

え?え?え?

そんな漫画みたいな展開が現実なのか〜い!チン!

9区・大津ペースアップ!早稲田を引き離すじゃないの!
漫画『マラソンマン』もびっくりの二枚腰。
解説者は「非常にクレバーな走り」と掌を返し、トップのまま襷はアンカーに。
ジリジリと仇敵に追い上げられるも最後はセイフティーリードを保ってゴール!
悲願の初優勝。

嬉しい。感動した。よくやった!
12月の出場辞退か??のピンチ、監督辞任、それを乗り越えて、優勝。「出場のために命懸けで動いてくれた監督のために一丸となった」なんてコメントも泣かせる連中。へへ。ジーンときちゃったゼ。

佐野崇匡賞はオモシロフェイスのモンスタールーキー、5区・柏原竜二。
ドッキリ賞は9区・大津。
ドラマチック賞は痴漢で逮捕された陸上部員。

優勝か・・・・・らしくないぞ東洋!

2009年1月2日(金) 
初夢はミルクホールの本公演、本番中。
俺くらいになっちゃうとネ、初夢から舞台人ですよ。
音響と照明が故障、面白おかしくトークでつなごうとすると、小生の声が出なくなり絶体絶命。
どうなったんだろう、あのあと・・・
今年もいろいろありそうな予感。楽しみますよ。


箱根駅伝。
大学に対して初めて愛校心というものを感じた。
すごいや、五区・柏原。タスキを貰う時に、

「おもしろい顔してるなぁ。」

と思ってたらあれやあれやと9位から往路優勝。しかも早稲田をトップから引きずり落としたってのが痛快だね。
小生、まさか18の小僧に愛校心を芽生えさせられるとは思わなかった。不覚にも感動しちゃった。
山の神童なんて綽名つけられて。もう俺の中じゃ、山っつったら植村直巳か田中正造か柏原かっていうくらいな存在感。

きっと明日はズルズル落ちてくんだろうなぁ・・・
がんばれ!

■2009年1月1日(木)  ☆☆☆あ、はっぴ〜にゅういや〜2009☆☆☆
賀正!
謹賀新年!
ビバ正月!
ハラショーガツ!

あけましておめでとうございます☆
今年も宜しくお願い致します。


携帯から佐野工船が書き込めるとのことで、PCの無い長野から早速佐野の紅白評で新年のスタートを。


【オープニング】
大橋のぞみちゃんはカワイイねぇ☆
【浜崎あゆみ】
知らない曲だし良い曲とも思わない。右手骨折は大丈夫かな?マイク右手で持ってたね。どんなギミックなのか?マジンガーZのロケットパンチの要領か。
【布施明】
白いバラのバックが美しい。映像だけど。スクリーンの使い方が唯一ハマった感じ。
【GIRL NEXT DOOR】
知らない。
【美川憲一】
素晴らしい。鳥肌立ちました。歌も衣裳も演出もイイ。歌の中に著名人を登場させる最近のダメな紅白演出、このはるな愛の投入はうまくいった!
【伍代夏子】
おいおい!双子が主役じゃねぇだろ!伍代夏子が歌ってんだよ!仕方ないから歯磨きしてきた小生。
【北山たけし】
特徴がない。コマ劇で「たけしをよろしく」とオヤジが自分の舞台で歌わせてたっけ。遠藤実とともに北山の後ろで見守るオヤジの親心。目から鱗。
【藤岡藤巻と大橋のぞみ】
大橋のぞみちゃんはカワイイねぇ☆ホントかわいいねぇ。
そんなのぞみちゃんに対してNHKは何を考えてるんだ!!
人海戦術いらない!赤いドレスの子どもたち、バックには大合唱団、客席には鼓笛隊、邪魔。たまたま映したポニョのぬいぐるみを手にした審査員席、松本幸四郎の渋い顔が印象的。
【東方神起】
竹島問題に言及しない中居の不甲斐なさ。
【水森かおり】
良くも悪くも紅白らしい。脂っこい料理の隙間で箸をつけるカブの漬物。
【Aqua Timez】
駅前にいけば聞ける。
【木山裕策】
NHKのど自慢の雰囲気になっちゃった。
【秋元順子】
話に聞く昭和の地方まわり、キャバレーまわりの雰囲気ってこんな感じかな。
【キマグレン】
1600万条件戦で走ってる馬みたいな名前だな。たまに2着に来て万券演出みたいな。
【いきものがかり】
いきものがかりって・・・。カタカナにすると500万条件戦で走ってる馬みたいだな。漢字だと生物罹り。狐憑きみたいな。
【前川清】
綺麗な舞台だ。バックもチャカチャカせずハイセンス。クールファイブと豪華なシャンデリアが1発ドーン!そこに背筋をピーン、立ち姿が美しい前川清が東京砂漠!サイコー!!!
【川中美幸】
前川清とうって変わってまたもや人海戦術。なんなんだろうねぇ…。
小生の隣で祖母が歌ってる。すっかり観光バスの雰囲気。
【宮沢和史】
島唄はいいねぇ。
ノリノリの客席で松本幸四郎の渋い顔が印象的。
【藤あや子】
早乙女太一を投入するのは藤あや子のピンじゃ4分もたないって判断かい?
藤あや子と早乙女太一。綺麗どころを並べたら共食いさちゃうのが解らないのか?
【WaT】
これも駅前で聞けるだろ。
【中村美律子】
「河内の元気印、中村美律子さんの登場です!」
いいキャッチフレーズですね。歌も上手い。
坂田三吉の歌詞の時、ナベアツが「坂田サァ〜ン!吉」小生つい微笑んでしまったら横で祖母が「この人嫌い」と一蹴。
【ポルノグラフィティ】
イイ持ち歌もあるが今回のはあまり良くないね。
【大塚愛】
『愛』って曲。ヤギー蟇油が『油』って曲歌うのと同じである。違うか。
【平井堅】
美術と照明が綺麗。歌い手は小汚い。
【坂本冬美】
虹の着物。素敵。
友達のお母さんだったら絶対惚れる。
【秋川雅史】
生で聴いてみたいな、と。迫力ありそうだなぁ。
【エンヤ】
三遊亭円弥ではない。
【パフューム】
歌は知ってるが初めて見た。機械人間みたい。シャレた言い方だとアンドロイドとかダッチワイフだ。
【ジェロ】
一番好きな黒人。
おばあちゃんの顔がプリントされた衣裳がキョーレツ。小生も欲しい。客席でも笑ってる人がいると思ったら号泣してるお母さんでした。
【スピード】
あの頃の輝きはなんだったんだろうねぇ・・・。でも「俺も頑張るよ」って思った。ありがとう!
【トキオ】
頑張れ。
【青山テルマ】
一番好きな黒人女性。
今年一年、本当によく聴いた曲ですな。いい歌です。でもどういうわけか♪ここにいるよ〜、って一言しか歌詞が頭に残らない。ま、それでいいのか。
【水谷豊】
感服するのは歌いながらノケ反るあの背筋力。照れまくる姿に共感。やさしさ紙芝居が聴きたかった。
【絢香】
あまりに無感想で何て言えばいいかわからないまま終わった。誰?
【徳永英明】
うちの祖母の同級生の息子だという都市伝説(一昨日聞いたんだって)。信じるか信じないかはあなた次第です。
【幸田】
幸田クミかミクいまだに迷う。これはエロかわいいですよ。
【五木ひろし】
いい声だが正直、若者は黙殺だろうね。
【アンジェラ・アキ】
エンヤに似てる。いい詞でもいい歌とは限らない。
【森山直太朗】
生きてることが辛いなら、どうすればいいのか結局五里霧中。
【アイコ】
しばらく見ないでいたら痩せたなぁアイコ。ちゃんと食べてるか心配。歌はいつもと同じ様子。
【羞恥心】
チキショー!楽しそうじゃねーか!
だがスクリーンに波の映像。オヤジが北の漁場で使う前にっ!!どーゆーことだ!?
【コブクロ】
売れてる歌手。
「コブクロって今売れてるよ」って隣の祖母が教えてくれた。肉問屋の会話かよっ!
【平原絢香】
歌と狂気の舞いのコラボ。こういうのをシュールというのです。
【EXILE】
自他ともに認める東京ミルクホールのライバル。おめでとうパーフェクトイヤー。
ガーラ湯沢のCMでお馴染みのチューチュートレインが一番いい曲。
【小林幸子】
衣裳(装置)のギミックが毎年、下から上の方向性で展開される。お金はふんだんにあるんだからもっと別のケレン味を出せる。考えてぇ。
【北島三郎】
第四十七北島丸の動きが劇場機構の問題でコマ劇よりショボい。コマ劇での荒波の中を熱唱するオヤジの超体力が全国に伝わらなかったのが非常に残念。荒波のスクリーン演出も無し・・・。漁場なのでスマップにハチマキを。
【一青ヨウ】
歌ってる姿を見ているより、歌だけ聞いているのがいいな。聞いていてストレスにならない歌だから。
【中島美嘉】
北村くんに歌い方が似てる。
【ミスチル】
北村くんに似てると噂のボーカル。一度北村くんのこういう髪形見てみたいね。ごめんね北村くん、あばれ野球でギフト歌うのカットして。いい歌です。
【石川さゆり】
イチロー、マーティーフリードマン、石川さゆりが一画面に収まった瞬間が白眉。天城越え。演歌歌手は知らない新曲より、こういうふうに一緒に歌える名曲を歌うのが正解だと思う。
【スマップ】
ジャニーズの曲の詞はなんだって無難なんだけど、なんか納得できるというか、共感できるというか、わかるわかるって感じの、まぁ簡単なんですな、ファンの程度に合わせて。「♪僕らはいつだって一人じゃないんだよ〜」ホントに?ホントに?一人じゃない俺?大丈夫?
【天童よしみ】
こういう気持ちで大阪の人は頑張ってるのだろうか?東京に負けたくないって。
【森進一】
これぞド演歌の世界。川内先生との愛憎劇。まずはご挨拶から。しかしなんでか森進一は反省してるように見えないんですよね・・・。
ただ力は入ってました、おふくろさん!熱唱です。
震えながら歌う森進一が川内先生に見えた。森進一と川内先生が一体になった瞬間だ。
【和田アキ子】
紅組のトリは死ぬまでゴッドねぇちゃんでいい。でしょう。知らない歌でも、ゴッドねぇちゃんが歌ってるだけで満足できる。あぁ、ひばりと一緒に歌ってる姿を見てみたい。夢の顔合わせ。そういうVTRってあるのかしら?
【氷川きよし】
一見和やかな雰囲気の大トリ前。
しかし出演者一同の心中穏やかでない。
白組のトリはオヤジが死ぬまで『祭り』だろ!!
きよしてめぇ!若僧のくせに!ブッコロス!
そんな出演者の心の声が吹き出していた。それは殺気とも呼べるものだった。
一触即発。氷川がステージに向かう瞬間、出演者の中でも喧嘩自慢のEXILEと喧嘩っ早いが弱いトキオ城島が氷川のバックから殴りかかろうとする、氷川絶体絶命!
その時だ。

オヤジが氷川の肩をポンポンッ。

「!」

「オヤジ!」

動けない出演者一同。
「やめとけ」
オヤジは目でEXILEを制す。

「きよし。俺の祭りもいいが、お前のズンドコ節だっていい歌だ。アホなお前にしか歌えねぇよ。いいや、誉め言葉さ。お前が大トリだ。肩に力入ってるぞ!リラックス、リラックス。こんな時代だ。みんなを元気にしてこい!頼むぞきよし!うちの北山もよろしくな。」

オヤジは氷川の肩ポンポンッでこれだけのことを伝えた。
オヤジのデカさに痺れ微動だにできない一同。膝から崩れ落ちるEXILE。拍手する城島。

これで氷川きよしの涙の意味がおわかりになったことだろう。

ズン!ズンズン、ズンドコ!キッ、ヨッ、シッ!


【総括】
NHKの演出、なのか?DJオズマの例もあるからある程度は自ら演出できるのか?小生には出演者が歌いずらい演出、意図しない演出満載に感じる。あれをこうしたらいいのに、これはああしたらいいのに、と考えるのも楽しいんだけどね。
小生も頑張るっす2009。

【佐野祖母・総括】

「嵐は出ないの?」



今年も東京ミルクホールをよろしくお願いします。

過去ログ
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 

一覧 / 検索

Copyright 2004 TOKYO MILK HALL All Rights Reserved.