劇団東京ミルクホールTOP

佐野工船
2009年08月30日(日) 
開票結果が続々と出てくるわけで、各選挙区の詳細は明日の朝刊でチェックするとして、現時点での感想。

民主の議席数がまさか本当に300を越えるとは正直予想できなかった。てっきり新聞が騒いでいるだけだと。
小生が自民党で唯一応援してた与謝野馨が小選挙区で落選。まぁ比例で大丈夫でしょう。
小泉の次男が当選。横須賀の民度とは本当にそんなものなのか?非常に残念である。
国民は民主党を指示しているわけではない。自公に“NO”を突きつけたに過ぎない。とりあえず、この4年間の与党はいただけなかったということ。
衆議院だけ見ると、ある種、時代に逆行してはいまいか?現在の潮流は地方分権。そんな中、自らの選挙区のことを知らない、選挙区に縁も所縁もない、民主党中央から放たれた落下傘候補たちが民主党というだけで当選し、その地域の代表たる国会議員になる(ま、前回の小泉チルドレンってのも同じだが)。極端に言うと、明治政府が全都道府県に中央から知事を派遣し、中央集権国家を整備したのに似ている。
国民はそれでいいと審判した。
前回の総選挙は郵政民営化、イエスorノー。いや、それより稚拙な小泉得意の悪役を作ってやっつける構図の選挙。それにまんまと乗せられる民度の低さに小生、暗澹たる思いを抱いたわけだが、今回はまずこの“国”の将来を考え、地元に精通(癒着)した【おらが村の殿様】ではなく民主党という【政党】を国民が支持した。これは多少民度が上がったといえるのではないか。

エラそうでしょ、小生。
そうなんだよ、エラそうなんだ。

だって、4年前は小泉指示の連中が本当にアホに見えて仕方なかった。
だからって小生、民主党支持なワケじゃない。ただ、
“このままじゃダメだ!”
という思いを国民が実行に移したことは大きいと思う。
55年体制から初の真の政権交代(細川首相のときは寄せ集めの連立。単独過半数の政権交代は今回が初)。歴史の中に生きていることを実感したい。


【写真】ホットケーキが好きでね。よく作るんだけど、いつもと違うホットケーキミックスを使ったの。ホットケーキミックスも政権交代か。次回へ続く!
grp0925012331.jpg 180×258 20K

2009年08月25日(火) 
数年前に『お塩語録』なる今をトキめく押尾学の名言集がやや流行った。
今回の騒動でピカ一の『お塩語録』。

「嘘をついてました。ごめんなさい。反省してます。」

本日の朝刊に載ってた。
聡明なる佐野工船読者諸兄姉はこの一言に何を感じますか?

自業自得?
あのふてぶてしい男の情けなさ、ザマァみろ?かわいそう?
子どものような素直な心?
あの男をそこまで追い詰めた警察の非道?
ホントに言ったのか?etc・・・

マンモスアホピーな夫婦の事件が注目されているが、あんなもんは放っておいて押尾学の事件について考えていきたい。犠牲者も出ていますし。

兎にも角にも、まず言えることは、麻薬の良し悪しは別として、法律で禁じられている以上、やったらいけないわな。

2009年08月23日(日) 
ここに毎日書き続けるってのも偉いんだけどね、

“ずっと書かない”

これも大切でね。何日書かずにいられるか、実験中だったんだよ〜ん。

「軽薄のそしりを受けるのがたまらなく嬉しい」

先日、山城新伍がTVで言ってました。
同感でございます。

友人からこんなメールが。
------------------------------------------------------------------------------

逸見政孝、ジャイアント馬場に続き、クイズ世界はショーバイショーバイでの雄姿が思い出されます。
合掌。

------------------------------------------------------------------------------
同感でございます。

8月、急がしかったな。
これまでの佐野工船で最頻出な単語だと思う【貧乏暇無し】。

彼もそうだろう。いよいよ来週はコースケハラスメント・ライブ。
今回もいろんな仕掛けが目白押し☆
チケット代もらって、わざわざ劇場に足を運んでもらうんだから、テレビやYou tubeで観られないものをお見せしなければならない。
これは小生の持論だが、『ザッツエンターハラスメント』。大丈夫です。

2009年08月01日(土) 
熱く語った後は非常に恥ずかしくなるものです。
が、その“恥”を発信する“恥ずかしい奴”であり続けることが芸能界の片隅で生きて行こうとする自分の覚悟なのだと思います。いつか一族郎党に迷惑をかける事態が発生することを考えると身の毛もよだつ次第です。

でね、不平不満に悪口ばかりの佐野工船だが、良いことだってお伝えしないといけないと思う。

今日、美空ひばりが「ホワイトクリスマス」を歌うのを聴いた。
なんだか、小生、ひばりの歌声を聴くと涙が出てくる。
なんでだろう?
心を揺り動かされるというか、なんというか。

今更ながら52才での死というのは早すぎる。逆に【女王・ひばり】と称されていた大御所がこうも若かったというのは驚きである。現在、40才代にして女王と称されるだけの存在がいるだろうか?

ひばりの洋楽の上手さは有名だが、今日、そんな一曲に出会えたのは幸せである。

ああ、そういえば、先日観た舞台に、知らない、若い女性二人だったが、非常に歌の上手いデュオが登場していた。劇中、何曲も昭和歌謡を歌って喝采を浴びていた。いや、なかなかいいんです。歌が上手いっていいなぁ。と楽しく拝見させていただいた。
そんな二人がひばりの「津軽のふるさと」を歌った。

その酷さたるや。

「聴いてください、私たち、こんなに歌が上手いんですよぉ〜、ララララララ〜」

と云わんばかりに「津軽のふるさと」を高音でクレッシェンドして歌い上げるのだ。


そんなの「津軽のふるさと」じゃない!!!!


ひばりだって声を出そうと思えばいくらだって出せるんだ。それを絶妙に抑えて情景、情緒、故郷を想う淋しさを語っているのだ。
それは彼女たちの罪ではない。うら若き彼女たちにそれを求めるのは酷だろう(が、ひばりは若くしてそれを成し遂げた。故に天才なのだ。)。演出家の罪だ。

【歌】の持つ力を崇拝している小生だが、使い方次第でそれは諸刃の剣になってしまうことを知った。


・・・・・結局のところ、今日も悪口じゃねぇか、佐野工船。

過去ログ
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 

一覧 / 検索

Copyright 2004 TOKYO MILK HALL All Rights Reserved.